2006年10月13日

Google Mapsが変える世界

 GoogleのWeb2.0的サービスの例としてよく話題にされるGoogle Maps。アプリ版(というかこっちがオリジナル)のGoogle Earthを含めて、その面白さはよくわかっているつもりだったのですが。

 実は何度かこのBlogにも登場している知人Aが明日から約1週間、モルディブへ旅立ちます(うらやましい(^^;)。で、仲間内のIRC(チャット)でその話題が出ていたのですが、「どんな感じのところ?」とか「海抜0m」とか「島が一周徒歩5分」とか「やっぱり海」とか「ゲーム持ち込む?」とか「イスラム」とかいろいろ言っていたら…
 「ここに泊まるよ」ってGoogle MapsのURLをチャットで流してくる。クリックすると最大解像度の衛星写真が開いて、「真中あたりの2棟のうちのどっちかの中の小部屋で…」とかチャットで説明してくれたり。この何気なさが実は結構衝撃でした。
 私個人は海外にもスキューバにもあまり興味が無いことも有り、「モルディブ?えーと、インド洋だっけ(^^;?」って程度のイメージだったわけです。それが、地球1/4周ぐらい彼方の場所なのに、あたかも近場の温泉宿に出かけるようなノリの会話が出来てしまう。スライダーでズームアウトしていけば、モルディブの島影もインド半島の南西にあることもすぐにわかる。ちょっとした感動でした。

 もちろん機能として「そういうことができる」ことは頭ではわかっていたわけですが。面白そうな場所をなんとなく見て遊んでいるのと、実際に具体的な目的を持って活用するのとでは、その便利さへの理解が全然違うなぁ、と。旅行代理店とかは、Google Mapsを営業アピールの武器としてガンガン使えばすごいのにとか思ったりもしました。(ってもう使ってるところとかあるのかもしれませんが(^^;。)マップが最大解像度のところじゃないとつらいでしょうけどね(^^;。

 そしてたまたま今日のスタパ齋藤さんのBlogで、釣り情報マップとして大活用していると言う話が。こういう風に単に見ているだけじゃなく、実用的なツールとして旅行案内とか釣り情報とかに活用していく人が、今後もどんどん増えていくんだろうなぁ、とか思ったり。
 いつか世界中の場所がGoogle Mapsに最大解像度で登録されたら、あらゆる建物がGoogle Earthで3Dで登録されたら、そのときどんな世界が見えてくるのかなぁ…とかふと妄想した1日でした。


posted by たかき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。